プロフィール

★英国の才能あるピアニストの一人と評され、ワシントンDCのウイリアム・カペルコンクールで優勝して以来、演奏活動をしています。

★アメリカのナショナル交響楽団やイギリスの英国王立室内管弦楽団との共演をはじめ、ロンドンのロイヤルフェテイバルホールやバーミンガム・シンフォニーホールなど英国の主要ホールで演奏しています。

★ヴィグモアホールでのリサイタルは1998年デビュー以来8回を数え、ロンドンのキングプレイス、マンチェスターのブリッジウォーターホール、エジンバラのアッシャーホールなどで室内楽演奏者としても活躍してきました。また、パークハウス賞を受賞したダイメンションピアノトリオのメンバーで、このトリオの2014年度版ファンタジートリオは「稀に見る豊かな深み」とサンデータイムズ紙で絶賛されました。

★ユーディ・メニューヒン学校でシモン・ニコル、セタ・タニエルに師事し、17歳でフィラデルフィアのカーティス音楽院に入学しました。

★現在、バーミンガム音楽院のピアノ教授をするかたわら、故郷の町に国際的な音楽家を招く目的で自らが2003年に設立したウルベストン国際音楽フェスティバルの監督をするなど多彩な音楽生活を送っています。